公立玉名中央病院空白連絡先

お問い合わせ

熊本県北の地域中核病院として、地域の他の医療機関や地域自体の役に立つ地域の医療を守る存在へ-


職業倫理・臨床倫理

公立玉名中央病院職業倫理要綱

 私たちは、自らの職業の社会的重要性を常に自覚し、自らの人格はもとより知識、技術を高め、患者さんの生命を救う医療に貢献するために、ここに職業倫理を定めます。


  1. 私たちは医療を受ける患者さんの人格を尊重し、患者さんの立場に立って接するとともに、医療内容やその他必要事項について十分説明し、信頼を得るように務めます。

  2. 私たちは、医療を受ける患者さんのプライバシーを尊重し、患者さんに関する記録診療内容および個人情報等、職務上の守秘義務を遵守します。

  3. 私たちは、職責を自覚し、医療に携わる者として品位を保持するとともに人格を高めるよう務めます。

  4. 私たちは、最善の医療を提供するために、常に学習に励み、知識と技術の向上に努めます。

  5. 私たちは、医療従事者としての相互の立場を尊重しつつ、常に良好な協力関係の構築に務め、協働して患者さんの診療のために尽くします。

  6. 私たちは、関係法令を遵守し、医療を通じて社会の発展に尽くします。

臨床倫理に関する方針

 私たちは、患者さんの尊厳、基本的人権に配慮し、最も望ましい医療を適切かつ十分に提供することを目的とし、次のとおり臨床倫理に関する方針を定めます。


  1. 患者さんの人権を最大限尊重し、相互信頼に基づき、患者さんの最善の利益を追求する医療を行います。
    1.治療方法等の同意・選択には、患者さんの自己決定権を尊重します。
    2.治療内容等については、患者さんに十分な説明を行います。
    3.個人情報保護に関する院内規則を遵守します。

  2. 患者さんの信条や価値観に配慮し、生命倫理に関する法令等や当院規定の実施手順に従った医療を行います。
    1.治験に関しては、治験委員会規程を遵守します。
    2.人工中絶に関しては、母体保護法を遵守します。
    3.宗教上の理由等から輸血療法を拒否される患者さんには、「熊本大学大学院医学薬学研究部生命倫理ガイドライン」を遵守します。
    4.やむなく身体を拘束し、行動を制限する必要がある患者さんには、「身体拘束手順」に従い、慎重に対応します。

  3. 医療の進歩に貢献する必要な研究の実施や倫理的な問題を含むと考えられる医療行為については、院外有識者を加えた「倫理委員会」において十分な検討を行います。
    1.受託研究や医薬品の臨床試験等(治験を除く)の実施にあたっては「倫理委員会」で審議し、事前にその適否を判断します。
    2.安楽死、延命治療、ターミナルケア等生命の尊厳に関する倫理的問題を含むと考えられる医療行為については、必要に応じ、「倫理委員会」においてその妥当性を審議し、方針を決定します。

臨床倫理に関する方針

 一般的に医師が入院治療を必要としない旨の診断をし、診断に基づき患者に対し退院すべき旨の意思表示があった場合は、特段の事由が認められない限り入院診療契約は終了すると考えられているので、医師は退院を拒否する患者および家族に対しても退院の方針を説明する。また患者の問題行動が病院の秩序を著しく乱したり、患者が医療従事者の指示に従わず、医療業務が平穏に行われなかったり、著しく支障を及ぼすと考えられる場合や威力業務妨害や脅迫、暴行などの犯罪行為に関係すると思われる場合は、診療を拒否しうる「正当な理由」になると考えられ院長が強制退院を勧告できる。




病院のご案内

ページのトップへ戻る