公立玉名中央病院空白連絡先

お問い合わせ

熊本県北の地域中核病院として、地域の他の医療機関や地域自体の役に立つ地域の医療を守る存在へ-


病院の沿革


昭和28年 8月

     病院組合発足(組合名:玉名町外18ヶ町村伝染病院組合)

昭和29年11月

     病院開設許可(病院名:玉名済春病院,伝染45床)

昭和34年10月

     結核病床新設(25床)

昭和38年12月

     一般病床新設(20床)

昭和43年12月

     組合(開設者)名を玉名市外四ヶ町病院組合に変更

昭和51年 5月

     玉名農村検診センター開設

昭和56年 1月

     第一次病院整備事業(改築移転工事)完了

     病院名を公立玉名中央病院と改称

昭和56年 4月

     公立玉名中央病院開院(一般87床・結核23床・伝染20床)

昭和59年 8月

     伝染病床廃止

平成元年 2月

     東病棟増築,腎透析センター開設

平成 4年 3月

     第二次病院整備事業(増改築工事)完了

平成 4年 4月

     増築部オープンにより新体制で診療開始(一般331床・結核20床)

平成 8年 8月

     訪問看護ステーション開設

平成 9年 3月

     災害拠点病院指定

平成12年 3月

     居宅介護支援事業所開設

平成15年 9月

     日本医療機能評価機構(一般B)認定

平成17年10月

     市町合併により組合(開設者)名を「玉名市玉東町病院組合」に変更

平成19年 3月

     結核病床(20床)廃止

平成19年 7月

     亜急性期入院医療管理料承認(30床)

平成19年 9月

     禁煙外来開始

平成19年10月

     病床数変更(一般病床302床)

平成20年 7月

     DPC導入

平成20年 9月

     日本医療機能評価機構(一般B)認定更新

平成21年 7月

     開放型病院承認(12床)

平成22年 6月

     回復期リハビリテーション病棟開設(40床)

平成23年 4月

     地方公営企業法の全部適用(運営団体名:公立玉名中央病院企業団)

平成23年 8月

     地域医療支援病院認定

平成23年10月

     病児病後児保育施設「ひだまりキッズ」開設

平成25年 9月

     日本医療機能評価機構(一般病院2)認定更新

平成26年10月

     亜急性期病床(30床)廃止

平成27年 4月

     熊本大学医学部附属病院地域医療実践教育玉名拠点開設

平成29年10月

     地方独立行政法人くまもと県北病院機構開設

平成30年 4月

     経営統合
     (公立玉名中央病院(302床)と玉名郡師医師会立 玉名地域保健医療センター(150床)の統合)




病院のご案内

ページのトップへ戻る