公立玉名中央病院空白連絡先

お問い合わせ

熊本県北の地域中核病院として、地域の他の医療機関や地域自体の役に立つ地域の医療を守る存在へ-


乳腺外科

主たる疾患

乳癌を始めとする乳腺疾患の診断と治療を担当しています。また、内分泌臓器である甲状腺・副甲状腺の外科的治療についても担当しています。


主たる検査・治療

 特に乳癌では、マンモグラフィ・超音波・CT・MRIなどの最新機器を駆使した画像診断や、細胞診・針生検を用いた正確な術前評価を行い、それを元に患者さんとスタッフと十分に話し合い、治療方針を決定しています。

 乳癌の手術の中で最も多い手術は、「乳房温存手術」と「センチネルリンパ節生検」です。その他、手術前に薬物療法を行って腫瘍を小さくしてから乳房温存手術を目指すこともあります。

 再発防止のため手術後に放射線治療や、薬物療法を継続することが多く、こうした選択は全国的なガイドラインに照らし合わせて行われます。

 再発乳癌の方には、治療効果と予測される副作用を考慮して、十分な話し合いのもと治療が選択されます。また、癌による痛み等の症状には「緩和ケア」を同時に行います。


外来日

受付時間:火曜のみ 8時30分~11時00分

---- 冨口 ---- ---- ----

※火曜日のみの診療となっております。ご了承ください。


医師紹介

 乳腺外科医師
 冨口 麻衣(とみぐち まい)
 出身大学/卒業
  • 大分医科大学 医学部/平成20年卒業
 専門領域
  • 乳腺外科全般
 資格
  • 日本外科学会外科専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本乳癌学会乳腺認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
 所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本癌学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本癌治療学会



診療科のご案内

ページのトップへ戻る