公立玉名中央病院空白連絡先

お問い合わせ

県北地域中核病院として、地域の他の医療機関や地域自体の役に立つ存在として


薬局

 薬局では、患者さまや病院医療スタッフが薬を正しく安心して使用できるように、調剤業務をはじめとして、薬品の管理・供給や医療スタッフに対する薬品情報の伝達などの業務を行っています。

 当院では、厚生労働省が推進する医薬分業の方針により、すべての診療科において原則として院外処方箋を発行しており、業務内容は病棟中心に移行しています。

 「医薬品の適正使用」を目指して常に業務に励んでいますが、お薬に関するご質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。


業務内容

調剤業務

患者さまに「おくすり」を安心して服用していただくため「おくすり」の服用量や飲み方、他の薬品との飲み合わせ等を厳しくチェックして、正確な調剤に努めています。


注射薬提供業務

注射処方箋の内容(投与量、投与速度、投与経路、配合変化など)をチェックし、入院患者さまごとに一日分ずつ準備し供給しています。


薬剤管理指導業務

入院患者さまの薬に関する情報を管理し、主治医の指示により直接病室にお伺いして、患者さまに薬の飲み方や薬の効き方などについて説明するとともに、副作用の発現防止や早期発見に努めています。


医薬品情報管理業務

新薬情報や副作用情報などのさまざまな情報を収集・整理・管理し、病棟スタッフや患者さまのお薬に関する問い合わせに対応できるよう整備しています。


製剤業務

医師の依頼により、市販されていない医薬品の製剤や滅菌業務を行っています。


治験業務

新薬の開発には、ヒトでの安全性と有効性を検証する臨床試験(治験)が欠かせません。
治験は、科学的、人道的に厳密に実施される必要がありますが、当薬局でも国の基準に従って、治験薬の管理や調剤を中心に治験全般を行っています。


その他

病院薬剤師に必要な知識と実務を経験していただくために、薬学系大学の実習生を受け入れています。


スタッフ紹介




医療技術部門のご案内

ページのトップへ戻る